マラソン、山、キャンプ好き!


by usireko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
育児
おでかけ
たべもの
すきなもの
つぶやき
今日のパン
ダイエット
キャンプ
マラソン
トレッキング
トレラン
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

お気に入りブログ

ミカンのはなうた日記
flavor.co ...
ciao log*
遊美 十二郎の写真日記
Hobby's
ありんこファミリーのHa...

最新のコメント

今回も父ちゃん速かったね..
by usireko at 08:13
おつかれさま〜〜‼︎まさ..
by dragon at 22:49
dragonさん あり..
by usireko at 23:24
ついにデビューなんだねぇ..
by dragon at 21:20
次は弁天さん故郷のヤッホ..
by usireko at 06:50
ナイスラン、お疲れでした..
by 弁天ジョガー at 20:29
セーナさんから撮ってもら..
by usireko at 16:13
コースは綺麗に整備されて..
by レンジャー中城 at 11:52
レース直前に刈られる予定..
by usireko at 21:43
藪漕ぎはキビシイですね。..
by レンジャー中城 at 17:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第6回 九州脊梁山脈トレイルラン

やっとカラダが回復しましたので、トレイルのレポアップします。

当日は3時起床。4時にdoragonさんに乗っけてもらいます。doragonパパもこの日に向けて絶好調な感じでした。

会場入り5時。まだ真っ暗でしたがスタッフ、ランナーで会場はごった返していました。
体育館でバックパックの準備をします。
f0198620_20553844.jpg

周りは男の人がほとんどでいい体している人ばっか。
doragonパパと雑談しているとあっという間にスタート時間でした。

f0198620_2055403.jpg


前日からの雨で天気はイマイチ。ここからの天気の回復を望みます。
f0198620_20554072.jpg


エキスパートクラスは7時15分スタート。
この境界線、向こうからの一般クラスを見下ろされている感。いい眺めなんだろうな~。

f0198620_20554226.jpg


一般クラスも7時半スタート。
出だしから上り坂です。大きなウシガエルがひっくり返って死んでいました。こっちがひっくり返りそうw
f0198620_20554339.jpg


ここからは全く余裕がなく写真ありません。
ずっとずっと続く上り坂。息も荒くてなかなか整いません。
雨、強風、ガス。足元だってどんどん悪くなっていくばかり。

第一エイドの五ヶ瀬スキー場までが遠い遠い。。。

f0198620_20561067.jpg

スキー場に出た~と思ったらゲレンデの逆走は死に物狂いでした。
ここまでの関門時間が11時半だったので、目安で11時頃到着すればいいかなと思ってましたが、到着時間は10時半。
このエイドまで空腹感があったので出ていたエイドのバナナ、梅干、チョコ、クラッカー、トマト、黒糖棒、水、全て食べました。(笑)

ここからは下りかと思ったらまだまだアップダウンが続きます・・・
足元がどんどん悪くなる一方なんで滑りまくるわ、手も負傷するわ、膝まで思いっきりひねってしまってそれが逃げ腰になり、ペースダウン。。。

倒木をくぐったり、またいだりで体力の消耗も激しく、何度も足が攣りました。その度にサプリや駄菓子の干し梅を自分に投入。とにかく粘ります。


やっと視界が開けました。天気も回復しそう?
f0198620_20561143.jpg

f0198620_20561220.jpg

f0198620_20561355.jpg

f0198620_2056138.jpg

f0198620_205614100.jpg

後半になると前後に人もあまりいなくなりました。なので自分ペースで走り降ります。
一旦ロードに出て長~い下りが続くと、けっこう膝に負担がくるのでみんなきつそうでしたが、ロードに出る前にスタッフのおじさんが「今女性で40位ぐらい!」って教えてくれたのでがぜんやる気が湧いてきて、このロードでごぼう抜きしました!自分はロードでは強いんだ!っていう意地。

しかし、この後半のロードと山道の交互を通ってると、山に入ると速くなる人、ロードになると遅くなる人が一目瞭然。どうしても抜きたかった200mぐらいの先の女性が山に入るとペースアップしてまた離れていきました。

最後の最後のロードで残り2キロになったとき、坂道に自分の重力を任せてスピードアップしてやっとこさで女性を抜きました。それからゴール会場のマイク放送が聞こえてきて、あと少しで開放されると思うとなんだか涙が出てきました。多分それは今年の24時間マラソンランナーの大島の気持ちと同じだったと思います。

女性を抜いて安心してたら、今度は別の女性が追って来てたので40位以降になるのは嫌だと思い、バカ力でゴールまで走りました。


無事,完走!

f0198620_20561499.jpg


もはや泥だらけのトレランシューズはキレイになるか、という状態。
f0198620_205615100.jpg


f0198620_20561635.jpg

40位じゃなくて29位でした。
でももうちょっとタイムは早めの予想だったのでちょっと敗北感。


ゴールしてしばらくしてから旦那子供たちが迎えにきました。
疲労困憊でシャワー浴びる体力がなくてこのまま帰りたいと行ったら臭いから入りなさい、命令。

ゴール後カイたちにエイドのチョコや配膳のオニギリやペプシをやろうとしても汚いもの見る目でもらってくれませんでした。(笑)

臭い臭いと言われたゴール後は悲しい。。。

そして滑ってこけたこの勲章。
36歳にもなると治りも遅い。。。
f0198620_20561781.jpg



今回は、試走会の日にち間違え、大船山での悲劇、熊マラの落選、当日も。。。といってほんとにツイてなかったです。(もしかして大船山でもう一回キーを探しに登ったら体力ついてたかも)

リベンジでこのコースをもう一回トレランしに行きたいっ!!!
まだまだトレランの練習は課題がありそうですわw
[PR]
by usireko | 2013-09-30 19:47 | マラソン | Comments(4)

準備万端!

f0198620_184185.jpg

明日の戦利品。

天気だけが、、、。

ここ最近ずっと晴れてたのに、どうして(°_°)
[PR]
by usireko | 2013-09-28 18:02 | Comments(0)

2013 ひなもりオートキャンプ③

二日目の午後はキャンプ場近くの公園へ川遊びへ。
川も浅瀬なので気軽に遊べます。
f0198620_2259825.jpg

上流の方へ移動すると大きな滝がありました。
f0198620_22374223.jpg

マイナスイオンたっぷり浴びて
f0198620_22393171.jpg

けいちゃんの背中もにっこり笑ってます。



彼岸花もチラホラ。
f0198620_23020100.jpg



二日目のディナーも豪華メニュー。
蟹入りパエリヤ。
f0198620_2305737.jpg

殻付きホタテも仕入れ値1個60円!
f0198620_2311477.jpg







二日目の夕方からは今まで出くわしたことがない強風でキャンプ場がすごいことになってました。
タープをしまうキャンパーや、車で風避けを作ったりで、うちの旦那も熟睡どころじゃなかったようです。

明け方、やっと風はやみ、清々しい朝を迎えて、

f0198620_2315343.jpg

いっちゃんはインスタントのしじみ汁で癒されております。(笑)



キャンプ場をチェックアウトしたあとは、いつものごとくコスモス牧場へスライダーをしに。
ちょうど牛乳の一気飲み大会があってたので参加しました。
まずは子供の部。
f0198620_2331517.jpg

紙コップ1杯をストローで一気飲み、勝利したのはうちのカイでした。
スライダーのタダ券ゲット!
f0198620_2333134.jpg


続いて大人の部。
肺活量も若さ(?)我が子を担いだマサキくんが勝利!
f0198620_2334819.jpg



久々のしきごろさんといっちゃんの愛の逃避行も再び。
f0198620_2341457.jpg



そうめん流しが始まるかと思いきや、ぶどう流しが始まりました。
子供はタダ!とあって盛り上がっております!
f0198620_22561875.jpg

冷たくて美味しいぶどうでした。


今回もたくさん遊んで笑って飲んで食べた3日間でした。
f0198620_22583042.jpg




楽しかった~。




で、かえりのりんりんママのメール。
「今日のトレランの試走会行った?」




・・・・・!!!!!




なぜかしら、23日と勘違いしておりました。ち~ん。
なので来週はぶつけ本番です。
[PR]
by usireko | 2013-09-25 23:06 | キャンプ | Comments(4)

2013 ひなもりオートキャンプ②

2日目。
今回のひなもりキャンプでは韓国岳を制覇すると心に決めておりました。
旦那と梨マラソンを目前にしたコーセーさんと早朝スタートです!
f0198620_22564527.jpg


本日強風予報がでております。天気も雲多し。
f0198620_21533436.jpg


最初から石ゴロゴロの坂道。
f0198620_21541899.jpg

余裕の表情なコーセーさんと結構イッパイイッパイの旦那。

f0198620_21543247.jpg

山の上からこの大浪池を見たかったんです‼︎
素晴らしい景色!

f0198620_21565069.jpg

山頂でポーズ!

f0198620_215717.jpg

f0198620_21584681.jpg

新燃岳、奥には高千穂峰。いつかは縦走したいですね〜。
f0198620_21591651.jpg
f0198620_21593866.jpg

下山は大浪池ルートで。
膝が笑そうになる階段をコツコツ降りたら、トレランの練習で駆け下りました。
あー楽しかった〜。
f0198620_21595972.jpg

[PR]
by usireko | 2013-09-24 22:01 | トレッキング | Comments(0)

2013 ひなもりオートキャンプ①

順序が変わりますが9月の前半3連休はいつものグルキャンメンバーでひなもりオートキャンプに行ってきました。
f0198620_21345173.jpg


やっぱここのキャンプ場は完全設備!!!!
四ツ星キャンプ場なので3連休もキャンパーはたくさんで賑わっていました。


3家族用のグループキャンプサイトにテント&タープを貼って、最後にてっちゃんファミリーが到着したら、今回も豪華食材の宴が始まります!

f0198620_21365288.jpg

田崎市場の中の食堂?のじっくり煮込んだホルモン煮込み。

f0198620_2139460.jpg

子供達も食いつきがいいので争奪戦になる刺し盛り。

f0198620_21415472.jpg

子供達ひとりいっぱいはあった蟹。


f0198620_21422856.jpg

興奮状態のテーブルです。


ワタシも前回の歌瀬で拾った栗で渋皮煮と
f0198620_2144888.jpg

夕方いちばんでやってたはまった夏野菜のココナツミルクカレー。
f0198620_214574.jpg



夜はとっておきのうちの旦那のあんな話で盛り上がり(笑)
夜遅くまで笑い声はやみませんでした・・・・・
[PR]
by usireko | 2013-09-24 21:48 | キャンプ | Comments(0)

大船山トレイルの後の悲劇。

前回の、見事12時ジャストに今水登山口に着いてからの話。


旦那も朝から健康診断に行き、運動会の準備も行ってもらうつもりでした。
しかし、12時になっても終わらないとのことで代わりに行ってくれとのメール。何とか今からなら間に合うか、とバックパックを降ろした後、心臓もぎ取られることが起こりました。



車のキーがない。




サイドに入れておいたファスナーが全開。Σ(゚д゚lll)





最後に確認したのは山頂で塩豆大福食べたとき。(前回アップのあの写真の時)



塩豆大福とキーとリップを一緒に入れておいた。



もしかして塩豆大福は食べないかもしれないからサイドのファスナーも多分開けないだろうっと入山する前のワタシの気持ち。




山頂ついたら、帰りは走って帰るからやっぱエネルギー補給と心変わり。



塩豆大福に気を取られてファスナーを閉め忘れ。




山頂からの下山は一気に駆け下りたし、ウォークマン聞きながらで落ちた音さえ気づかず。
(万が一ということで車のキーに連結していた家の鍵類を全て外して裸状態)





登山口へ下山寸前にリップを取った時、既にファスナー全開でキーも無かったような。




真っ青です。




真っ先に連絡したがいい旦那には怖くて言えず、取り敢えず少し登山道を戻ってみました。


がしかし、キーは見当たらず。





恐る恐る旦那にメール。




当然返ってきたメールは言うまでもないです。(怒)



ウォークマン聞きながらおりてきたので、iPhoneの充電もヤバし。



あぁ、確か前に旦那にスペアキーを車に置いてることを聞いたのを思い出して、磁石でくっ付くキーケースを探しましたが、ない。




旦那から電話が掛かってきて、状況を説明すると、もはや、雷さんです。




「あんたはどーしてそんな無駄使いばかりする!」
(無くした事で被るいろんな手間賃)



・・・返す言葉はありません。



旦那も健康診断で朝からご飯抜きで空腹で機嫌悪く、運動会の準備に二人揃って間に合わないとすると、場所取りの権限が明らかに後列になってしまう、カイ達もお腹空いてるのにどーするんだ!という怒りです。



スペアキーはドアに入れてるとのことだったので、こうなりゃ窓を割ろうと言う浅はかな考え。
JAFに入っていない我が家ですので、当然こんな山の中は高額です。



やっぱりまた下山ルートを戻ってみました。
誰かに会ったら、見かけたと言われるかもしれない!っと、かすかな希望を抱いて。

まだ12時なら山頂までも行けるか、と登って行くと、朝から追い越して、下山途中でもすれ違った二人のおじさんに合いました。


状況を説明したら、そのおじさんとは正反対のルートでしたが、途中からの合流地点からでは何もなかったかと。


流石に山頂までは下山ルートで行くと去年は3時間掛かったのを覚えています。
降りてからの事を考えた方が良さそうだったのでそのおじさんと登山口まで降りました。
携帯を貸して下さって、知り合いの方に鍵の110番に取り次いでもらう。
そのおじさん達は大分の方で、大分森林管理署の方。会社の携帯を快く貸して下さいました。


旦那から連絡があり、保険会社にアシストで鍵のロックインの保障がついてることを聞かされ、保険会社に連絡しました。


保険会社のやり取りに時間がかかる。

まず、鍵が必ず車の中にあるという確証。
・・・はい、必ずドアに入れてます。


ワタシと車の所有が確実である身分証明(運転免許証)があるか。
・・・万が一を考え財布を自宅に置いてきました。裸銭持参。要するに免許証不携帯。


今ワタシがいる今水登山口がネットでも出てこない。
・・・はい、登山ギョーカイで通用する今水登山口なので、Googleとかでは出てきません。


分かりやすい場所を言うと、民宿くじら。そこまでワタシが来るというと、車の現場から離れてはいけないらしい。

あーだこーだやり取りがあって、其の間待たせていた二人のおじさんは一度車を会社に戻してくる、ということで携帯だけを置いていってくださいました。

保険屋とどうにか交渉して一番近くの鍵屋がここまで来るということでしたが、こんな山の中、2時間後らしく、ひとりぼっちでタントの横に体育座り。

2時間後となりゃ4時。
当然飲み会キャンセル。


この待っている間に携帯を貸してくださったおじさんがマイカーで戻って来られました。
鍵屋と連絡取れて取り敢えず大丈夫になったことと、精一杯のお礼を言ってお別れしました。

さて、ワタシ以外の登山者がボチボチ下山して来られます。

一人、そしてまた一人。


下山して来られる方に車をキーを見てませんか?と聞いてもダメでした。

キーを山の中で落として今鍵屋を待ってる状態だと説明すると、一人のおじさんがダースのチョコをくれました。

こんな時、人のありがたみが心に染み渡りました。



体は汗だくの後で段々冷えてくるのでアスファルトに寝っ転がって熱を背中に。時折、ハチから逃げ回る、その繰り返し。

そして、やっぱり今回も◯ション。笑

もうガマンできませんでした。


四時。



静〜かな山の中からかすかに車のエンジンが聞こえてきます!


待っていた救世主‼︎



見事な手捌きでドアが開き、すぐさま鍵のありかを確認して、スペアキーを確保!



もうこの瞬間は地獄から天国へ引張られた感じでした。



すぐさまiphoneも充電。放電しきっているので電源が入りません。

電源が入るところまで来て、旦那に連絡。
夕暮れどきになり、明日の運動会の弁当の買い物とかしてたら帰ったのは7時でした。


こっぴどく旦那に叱られ、以前飲み会で旦那がバックのファスナー開けっぱなで財布を落としたとき、ワタシは責めたつもりはなかったんですが、今回の同じようなワタシの失態には倍返し!でした。




「これであんたはしばらく何もできんよ。」










自分がとった行動全て裏目でした。

鍵はあまり使わないポッケにしまうこと。
キーには目立つもの、鈴とかキーホルダーを!(裸にしてはもってのほか!)
万が一に備えて、iphoneの予備充電も持参すること(車の充電ばかりに頼らない)
身分証明も持参(取られることより自分の身の安全確保が優先です!)



よ~く勉強になりました。




で、こんなんで次の日迎えた運動会は、しきごろさんの最後の運動会だったんですが
自分のテンションがあまり上がらず、心が痛い。





でも彼女はしっかり走って踊ってマーチングも上出来でした!

f0198620_0192862.jpg



ワタシの体はボロボロに筋肉痛。
もう来週の本番はかかってこい!みたいな。(笑)
[PR]
by usireko | 2013-09-23 00:25 | トレッキング | Comments(8)

大船山トレイル

脊梁トレイルまで一週間です。
昨日はネットでポチりしたバックパックも届き、ボチボチ山の紅葉具合の下見を兼ねて今回は大船山トレイルへ。


5時半起床、6時過ぎ出発。
菊池線経由で三愛レストラン目指します。ここでトイレを済ませておかないと今回の出発点の今水登山口には何もありません。前回◯ションしたハメになったので、ここでやっておかないと。


今水登山口到着。ワタシで3台目です。
ひと気があったので少し安心しました。

8時15分入山。
f0198620_2252230.jpg


今日は風穴方面から上がります。

f0198620_2252346.jpg

山グリが落ちていたり。
f0198620_2252478.jpg

キミももうすぐ赤くなるのね~。

f0198620_225249.jpg

40分で風穴と岳麓寺の分岐点。
ここを上へ上がります。

こっちからは結構な勾配だとは聞いてましたが、ホントにキツかった~。
ほとんど歩き。

ポール横。
f0198620_225254.jpg


ここは人が通るのか??というくらい道が険しい。半袖半ズボンなら間違いなく血だらけでしょう。



ボチボチ標高がガーミンで1500ぐらいになれば、山頂近し。
しかしガスが覆ってきます。



f0198620_2252575.jpg

着いた~。
10時10分。二時間をちょっと切りました。

しかし、あいにくのガスで景色もほとんど見えません。



後数週間で見事な紅葉になるであろう御池。
f0198620_2252629.jpg

これが限界。



さて、汗だくで長時間の滞在も冷えてしまうので栄養補給して下山します。
f0198620_2252744.jpg

はい、いつものね。



帰りは岳麓寺方面からおります。
ここのルートはそんなに整備された登山道ではないのでトレイル向きですね。軽い調子でどんどん下ります。
帰りの目標を12時!一時間半目標です。


下りはテンション上げようどiPhoneのウォークマンを流しながら。これだと怖くもないですしね。

朝からトイレ済ませましたがまたトイレ・・・。あとちょっとだからガマンしよう!っと登山口まで無事おりてきたのはちょうど12時でした!
よし、目標達成~。

これから帰っても明日のしきごろさんの運動会の弁当の買い物も出来て、夕方からの職場の飲み会も余裕~。
[PR]
by usireko | 2013-09-21 22:23 | トレッキング | Comments(0)

歌瀬キャンプ

過日キャンプです。
9月7日、保育園のしきごろさんの同級生家族と歌瀬キャンプに行ってきました。
その前の先週も3家族で計画していたキャンプも雨で中止、今週末もあやしげな天気だってのですが、どうにか行けそうだったので、強行突破。

しきごろさんの同級生のみーくんちはママが役員会が午後からあるので先に我が家とみーくんだけを連れて行き、昼前にチェックイン。
ナイスに本日、天気が悪いのでキャンプ場も閑古鳥。

子供達は早速着いて着替えてプールへGO!

f0198620_6204928.jpg

プールも独占!他の子供もおりません。
f0198620_6213014.jpg


f0198620_6222210.jpg

プールの後はリバーサイト周辺の川探検。
ビールを片手に旦那は川へ落ちるハプニングもあったとかで。
f0198620_6232570.jpg

今日の歌瀬はジャークチキン&生ビール祭でした。
このガラガラのキャンプ場でしたが、ジャークチキンはぼちぼち売れているようでした。
雨は降りませんが怪しい雲行き。


f0198620_624992.jpg

Cサイトの上で草スキーをして遊び、お尻は真っ黒。
f0198620_625767.jpg


夕食は旭志牛と殻付きホタテのBBQ。
ホタテの殻が開く瞬間はテンション上がります!
f0198620_6261059.jpg




ここのリバーサイド横のフリーサイトには栗の木が二本あり、たくさんの栗。
f0198620_6263123.jpg

秋ですね~。美味しそうな栗。
拾ったらダメ!とは書いてなかったので、落ちている栗を少々頂きました。
見事なぷっくりした栗で栗ご飯も渋皮煮も美味しくできましたわ。





次の日。
天気はどうにか、…いや、とうとうしとしと雨が降り出しました。
旦那のテンションは下がりまくり。
あーまた帰ってタープ干す運命?
いや、どうにかまた持ち直してくれました。


朝は鳥粥。
f0198620_6264550.jpg



ほんと、貸切りのフリーサイトでした。
やっぱここの芝生はとってもキレイですね〜。
f0198620_6271771.jpg

みーくんちのテントも発色いい感じ!


初めてのキャンプ、どうでしたか?ミーくんファミリー。
また次回も行きましょう!
次はお姉ちゃんも来れるといいね!
f0198620_6273134.jpg

[PR]
by usireko | 2013-09-19 06:27 | キャンプ | Comments(2)

俵山トレイル

脊梁トレイルまで1ヶ月を切りました。
そろそろ本格的に山行の仕上げもしなくては、と休暇を取って近場の俵山へトレイル。

今回は前回と変えて俵山展望所からのスタートです。

すでに車が5、6台止まっています。天気も霞がちですが大きな崩れもなさそうです。
f0198620_215595.jpg

開始。
のっけからすごい急斜です。


f0198620_215642.jpg


しばらくすると歩きやすいこんな道が続き、ひっくり返りそうな階段があります。
f0198620_215724.jpg


ここはラクラクコースとふた手に別れますが階段を選択。



しかし、キツイ。暑い。
足元は少し緩く、ちょっと気を緩めると滑りそうです。


その階段を抜けたらまた走りやすい道になり、凄い坂が見えました。
f0198620_215779.jpg



ここもあの一の坂みたいな、、、。
もう歩くしかなかったです。ここを走れる人はいるでしょうか?



そして山頂。
f0198620_215873.jpg


山頂にいた二人の先客に挨拶をしたら、そのまま話混んでしまったのでまた時計を見るのを忘れてました。でも多分40分ぐらいかと。


先客さんから、名刺を頂きました。
山行のブログをやっているそう。
しかもガーミンのGPSを見せてもらい、それはおいくらですか?と聞くと9万円!といい物をお持ちになってました。…あれ、いいなぁ。


いろんな山行の話を聞かせてもらい、俵山の地図を頂きました。


下山開始は11時。
登り出したときに追い越した団体さんなどとすれ違い、帰りは30分でした。



f0198620_215949.jpg

腰を抜かすようなヘビと遭遇。
デカくてびっくりした〜。


f0198620_215924.jpg

f0198620_2151031.jpg




もうちょっと晴れてたらなぁ。このアングル、好きなんだけど。



ちょっとトレイルするには俵山はオススメ。
でもここからよりも萌えの里からのスタートがぐるっと回れるのでそっちがいいかも。

1ヶ月ぶりの山行でした!
[PR]
by usireko | 2013-09-12 20:37 | トレッキング | Comments(0)