マラソン、山、キャンプ好き!


by usireko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
育児
おでかけ
たべもの
すきなもの
つぶやき
今日のパン
ダイエット
キャンプ
マラソン
トレッキング
トレラン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

お気に入りブログ

ミカンのはなうた日記
flavor.co ...
ciao log*
遊美 十二郎の写真日記
Hobby's
ありんこファミリーのHa...

最新のコメント

もちろん行きます 早め..
by usireko at 07:30
星生山が漏れてました
by 弁天ジョガー at 00:31
間に合って良かったですね..
by 弁天ジョガー at 00:28
ARTロスから復活しまし..
by usireko at 07:15
可豚夫さん 訪問ありが..
by usireko at 07:14
ナイスラン! 凄絶ですね
by 弁天ジョガー at 23:09
いつも楽しく拝見させてい..
by 河豚夫 at 12:24
トータルで振り返れば、や..
by キャプテン at 07:23
くー、泣かせる話しですね..
by うえけん at 07:12
レンジャーさん お会い..
by usireko at 18:10

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

平治岳 ミヤマキリシマ

九重のミヤマキリシマの満開に山行が都合つかず、ピークは過ぎてると分かっててもやっぱり肉眼で見ないと気がおさまらず、3時間ぐらいの睡眠をとってレッツラゴー‼︎

土曜日は阿蘇の雲海指数も70%超え。
これも見ないと勿体ない、っと阿蘇スカイラインから眺めようと4時半出発。

期待は裏切りません‼︎
f0198620_17402769.jpg
九重連山からの日の出と雲海の雲が谷間へ流れとても幻想的。



次の目的地は長者原へ。
今日はあまり時間がなく、昼には帰宅したかったので長者原から平治岳のピストン予定。
f0198620_17435212.jpg
6時入山。

天気予報は微妙な曇りだったので
トレイルも昨日の雨で多少ドロドロでしたが
マイナスイオンをたっぷり吸ってたら気にもなりません。
f0198620_17461348.jpg
2時間で大戸越。
ここから平治岳を見上げてもまだまだ花は咲いてます♪
流石にこっからの登りは顔面汗が吹き出して
一年振りのこのトレイル、いつもこんなにキツかったかしら??っと自分の体力の低下も心配になり、なんとか登りつめると!
f0198620_17493566.jpg

f0198620_17494244.jpg

f0198620_17494587.jpg

f0198620_17495038.jpg
遠目からはグラデーション的な感じでまだ楽しめます(^^)

天気は晴れて回復し
多くのハイカーでまだまだ賑わってました。
f0198620_17564498.jpg
夏にまた来よう!



f0198620_17573389.jpg
やっぱこれがうま〜い(@ ̄ρ ̄@)






[PR]
# by usireko | 2018-06-11 17:34 | トレッキング | Comments(3)

GWキャンプ② かいもん山麓ふれあい公園キャンプ

GWキャンプ、後半は大好きな開聞岳へ。
f0198620_05421922.jpeg
過去の写真にもこんなのありました。
すっかり大きくなったムスメ。
今年はお花畑の見頃はちょっと過ぎてました(;_;)

今回は鹿児島ラン友さつきさん&愛犬くるみとのキャンプ。この二泊三日で手強いくるみといかに仲良くなれるか⁉︎が今回のミッション。笑

女の子だけに抱かれるのは好きみたい〜(^^)
f0198620_21544849.jpeg

まったりと昼間はキャンプ場で過ごしたら
夕方はお約束の温泉へ。
夕暮れ時の開聞岳もとても神秘的。
f0198620_21565096.jpeg

2日目はもちろん開聞岳に登ります。
さつきさんも念願であるくるみとの登頂。
朝7時半、人が混む前からスタートします。
f0198620_21582012.jpeg

でもやっぱりワンコからしたら聞いてないよ、こんなの!!最初は元気でしたが、高度が上がっていけば、岩場も多くなり、くるみも抱っこしないと進まなくなり

なんとかみんなで無事に登頂!
f0198620_07462150.jpeg
記念にへっぴり腰でハイチーズ(^^)



帰りはくるみも燃え尽きたか
全く動かなくなってしまったので
ほとんど抱っこで下山したさつきさんでした。

大変お疲れ様でした〜



下山後もサイトでマッタリ過ごし
山の疲れで気持ち良さそうなくるみ。

f0198620_07470164.jpeg
死んだように寝てました。笑

キャンプ場のゴーカートに乗ったり
f0198620_23171624.jpeg
くるみとの触れ合いに必死になったり。

f0198620_23181501.jpeg

最終日はどうしても朝駆けしたくて
f0198620_23202234.jpeg
ちょっぴり寝坊して6合目で日の出を迎えました(@ ̄ρ ̄@)
f0198620_23211910.jpeg

それでも山頂まで行ってバタバタして下山し
上機嫌でテントに戻ってくると
待たせていたみんなからの一言は


「Tシャツ裏返しだよ。」

f0198620_23250455.jpeg
!!!!!




何人もの人とすれ違った(T-T)




さつきさんとくるみには楽しんでもらえたでしょうか(^^)
またキャンプ行きましょう!
遠いところお疲れ様でした〜
f0198620_23271922.jpeg


[PR]
# by usireko | 2018-06-05 05:38 | キャンプ | Comments(0)

GW  papagorillaグルキャン@服掛末キャンプ

GWネタに戻りますが(^^;
papagorillaメンバーの恒例グルキャンは服掛末キャンプへ。

朝は夜明け前に起きてワタシだけ、先に出発。
f0198620_09563682.jpeg
ARTの練習のために蘇陽目指して走って行きます‼︎
もっと早めに出発予定が狂って
大津で日の出を迎えました。



ART直前なのでのんびりラン。
カラダが故障しないように、が今日のミッション。
f0198620_10013269.jpeg
阿蘇長陽大橋からは地震の爪痕の崖崩れがスケールの大きさを感じます。


じりじりと暑くなって南阿蘇に入ると一本道が長い長い。ローソンで休憩し高森トンネルに入り、もうすぐ抜けるかなーっという所で後から出発してきた旦那に拾われました。45キロののんびりランでした。



お昼前に服掛末キャンプ場到着すると、すでに長者の列。なんとか広めにサイトも確保。
f0198620_10432836.jpeg


昼間は天気も良くて汗ばむぐらいですが
夕方からは一気に冷え込みます
f0198620_13274449.jpeg


翌日は高千穂方面へ。
早めに行ったつもりですが、GWとあって観光客多し。
f0198620_13291804.jpeg
ちょっとボートにでも乗ろうかと思ったら4時間待ち。
諦めて散策してキャンプ場で遊ぶのが無難。
f0198620_13304528.jpeg
f0198620_13305442.jpeg
f0198620_13310751.jpeg
夜は焚き火と大人の時間。
丸ごと鮭の燻製が映えます。笑


翌朝はどうしてもボートに乗りたいと諦めつかなかったリュウとうちのムスコをてっちゃんが連れて早朝6時ぐらいから高千穂峡へ行きました。それでもちょっとの待ち時間がありましたがご満悦のムスコ。
f0198620_05351338.jpeg
居残り組はテントでのんびりワンコと戯れ
f0198620_05360433.jpeg
今年も楽しいグルキャンでした!


[PR]
# by usireko | 2018-06-03 09:48 | キャンプ | Comments(0)

Aso Round Trail ③

高森体育館を出発したのが8時。
Gぺーサーはまさかのダウンでしたが
体育館を出発するときは、後半戦も行ってやるぜ!!!っというくらいの気合十分。
これから12時間以上あろう夜間走にもなんの不安もありませんでした。


30分ぐらいの時間差で職場の人が先行してたんですが
旦那からの補足でワタシの事をお願いされてたらしく、
後半スタートしてからのトレイルに入るところで待っててくれました。

後半戦コースはこれまで何度も試走したコースだったので
土地勘ばっちし!アップダウンも次のエイドまでの距離も分かっていたので
気分的にも楽。

次の高森峠エイドにはMさんがいるから、元気な姿で行こう!っとがぜん元気でした。

天気はやや吹きさらしの強風。動いてないと寒く感じ
追いつくランナーにはこれまでの消耗した体力に後半戦の起伏が激しいアップダウンと
この天候にはとても辛そうでした。
胃腸をやられたランナーにMAGMAをあげたり
もうちょっとでエイドですよ!っと声をかけながら行きました。


かん高い声が遠くから聞こえ
やっっと高森峠のエイドに到着すると
強風の中でランナーに大きな声を張ったMさんの姿が!

f0198620_09143464.jpeg

Mさんの声に元気が出ました!
寒い中、ボラありがとうございます!
UTMF完走のパワーをいただきます^_^


まだまだ深い夜間走は続き
時間はどっぷり深夜でございます。

後半戦の水分は緑茶。
何度も試走した時に長時間スポーツドリンク飲んだあとには
日本人ならではのお茶が胃に染み渡ります。

しかしそれが良かったのか悪かったのか
段々と食べ物が美味しくなくなり、
持っている食べ物が欲しくない。
あぁ、やっぱりおにぎり入れときゃよかった・・・
あんだけ持っていくこと、決めてたのに(悲)

次の清水峠ではSさんが待ってる!
まだまだ元気な姿で行かないと!!
っとほとんど歩きでしたが84キロ地点のAS5に到着する頃
遠くから響くSさんの声が聞こえると
すごい安心感。

少し長めに休んで
味噌汁やスープをもらってリ、スタート。
高千穂野の木段地獄が待っております。
f0198620_09415692.jpeg
(去年年末に試走した時の写真)

夜間なのでその場の階段を登ればいいんですが、昼間はこんなあの世行きのような木段。
両手使って這うように登ります。
昼間は上を見上げればうんざりしますが、夜中は先が見えなくて良かったかも。

ここまでくれば、後は自分的には少し楽になるトレイル。



まだまだ深夜深く、遠くでは夜行性の動物の鳴き声がずっと聞こえ
一人だったらやっぱり不気味だったのかな。


トレイルの脇にはランナーが点々と仮眠をとっています。


しばらく寝て、また走って。



その繰り返しはずっと歩くワタシのペースとほぼ変わりはなかったので
眠気がなかったワタシはひたすら歩きました。




早朝5時ぐらいになると
小鳥の鳴き声が聞こえて
小雨も降りだしました。




地蔵峠まであと少し。
時間は6時半ぐらいに到着。
その頃には結構な雨が降り出して
最後の俵山までのトレイルが心配だったので、早めに地蔵峠を出発。




これまで何度も走ったこのコース。
いつもならまあ3時間見てれば萌の里に着くんですが
こんな雨降りにここに来たことはありません。


体力的に限界がきて
水たまりはもちろん、黒土のスリッピーなトレイルは
もう踏ん張りが効きません。

あぁ、まだまだこの先いっぱい危険箇所あるんだけど。


そんな矢先
晴れててもいつもスリッピーなロープのトレイルコースで
突然の渋滞。


何かと思えば
ここから先、20人ぐらいが渋滞してるらしく
先に進まない状態でした。


雨は降り続き
動いてないと寒くなってしまい
30分以上が経ちしばらく動けないと思ったので
サバイバルシートを覆います。

あったかい・・・・。

いや、この状況、まじやばい。
このまま何時間もここにいてもどうしようもない場所。
地蔵峠に戻るにもそれまで引き返すか
一ノ峰二ノ峰コースに降りるか
レースのコース上に降りるのも
どのエスケープを選んでも同じ気が。。。

とりあえず、誰かが大会への連絡先に電話して
スタッフが駆けつけてくれることで
しばらく待ってました。

あぁ、またDNFになっちゃうか。
でもこの状況なら諦めつくかな。

電話も取り出せない状況だったので
多分ゴールで待ってるだろう旦那と娘にも連絡できず
その場で座り込んでました。


早い対応でスタッフが到着し
結局ロープ上のトレイルを安全を確認しながら降りるしかなかったんですが
なんだかそれだけでもすごい安心しました。

それからはもうどろんこ祭り。
踏ん張るどころか滑るが安全。
天然滑り台だらけで
お尻ついて滑りまくりでした。

新しいシューズを買っとけばよかった…
あんなに旦那が買ったがいいんじゃない?っと勧めてくれたのに
シューズ以外に掛かる装備品の事を優先してしまったので
かれこれ2年ぐらい履いてきたシューズはグリップが弱く
何十回転んだことか。

俵山につき、そこからの下りもどろんこ祭りは延々と続き
一の坂、二の坂のコースを通らずショートカットコースへ誘導されます。

やっと牧野に出たとき
既に11時20分。
12時までゴールできるか!?
最後の最後は必死こいて降ります。

いつもここを下山するとき
真下に萌の里見えてるんだけど
中々時間がかかるんです。

40分で行くには厳しいか・・・
スリッピー覚悟でへっぴり腰になりながら駆け下り
鉄塔付近で鹿児島ラン友さんのお出迎え。

f0198620_13273583.jpeg
もうね、時間緩和してあるから、ゆっくりゴールしていいよ!


その声に安心しましたが


それでもやっぱし12時にはゴールしたい。



ゴールが見えた!
みんなが待ってる!
ほんとにこれで終わりだ!
あぁ、完走できたんだ!


こんな雨が降ってるのに
旦那とムスメ、Gぺーサーも、ボラが終わったラン友さんもハーフを走り終えたラン友さんもが
出迎えてくれました。
f0198620_13493635.jpeg
ムスメが駆けつけて来て
最後のゴールテープを一緒に切ります

f0198620_13112467.jpg
終わった・・・・・!!!
28時間48分のワタシの初めてのウルトラトレイルが終わりました。

多良の森の時とは違って
今回は嬉し泣き。

あの時のDNFが悔しくて
あの翌週から毎週山トレし、絶対完走目標でした。

ゴールしてあったかいカレーを貰いに行くと
カレーを注いでくれたのは、高校の同級生!
レッドブルまでご馳走になりやっと復活しました。

待っててくれた旦那とムスメ、応援してくれたラン友さん、Gペーサーと合流。
みんなで楽しく記念撮影
f0198620_13490694.jpeg



素晴らしい大会でした。




大会運営のスタッフ、ボランティア、サポートしてくれた家族、ずっと併走してくれた職場のOさんにも感謝。

皆んさんのおかげで完走できました。





後では酒のネタになるGペーサーの伝説。
f0198620_13502617.jpeg
杉養蜂園のCMはそろそろ、、、。笑

[PR]
# by usireko | 2018-05-26 08:52 | トレラン | Comments(0)

Aso Round Trail ②

600人ほどのランナーが一斉にスタートしたら
ワタシの今日の攻略として前半は抑えて走ります。
f0198620_08123481.jpg
田植えが終わったばかりの田園風景とまだまだ震災後の復旧であちこち工事中。

ちいさなトレイルに入ろうとしたところで渋滞になりましたが、ちゃーんとその間に体力温存。


去年雨上がりでスリッピーだった石畳もやっぱりきつくて体力が持ってかれ(^^;
f0198620_08305926.jpeg
普段ミルクロード側を車で通るばかりなので、まさかこの牧野からの景色がこんなに絶景だとは!!
f0198620_08312473.jpeg
f0198620_08315332.jpeg
f0198620_08334699.jpeg
だから野焼きは必要なんですね。



こんなところに震災後の爪痕もしっかり残ってました。
いつ崩れてもおかしくない感じです。
f0198620_08321865.jpeg


大観峰へのトレイルったら半端ない上りで鼻息全開!!!
それでも登りきったからのご褒美は半端なく最高でした。
f0198620_08340940.jpeg
キツさより牧野を走らせてもらえる嬉しさを噛みしめるように景色を楽しみながら前半は走りました。

f0198620_20514537.jpg
が、写真みても分かるように、この天気の良さは体力の消耗も半端なくジリジリと照らす太陽は5月だとは思えない気温です。

Gペーサーの教えは
前半ゆっくりで十分に景色を楽しんでいい、上りは歩いてもいいし、写真撮りまくっていいとの事。
ただ、食べ物飲み物はしっかり摂る、だったので前半の飲み物は塩熱サプリの水分をしっかり摂り、ジェルもボチボチ、エイドでもだご汁、オニギリしっかり頂きました。

あまりの天気の良さに泥ホコリが凄くて
自分の足がオッサンのすね毛みたいに真っ黒。
f0198620_09023166.jpeg
でもこれはまだまだ序の口。
後半凄いことになります。笑


今回、多くの九州外からのランナーも多くて
前後に並ぶランナー達の会話が聞こえてくると
この景色に大絶賛でした。
心の中でワタシ、地元熊本人でも自慢できる阿蘇なんですよ!!って叫んでました。笑
写真撮りすぎて充電足りないっていうランナーもいたり(^^;


予想外な事でいつもならならない足の小指が痛み出し、あぁ、もう死にかけてる〜(泣)
下りで騙し騙しに駆け下り、ペースがガタ落ちでしたが
AS3のすずらん公園に間に合うかどうかも不安。

もうそろそろよね?っと思ってる矢先に目の前にちっちゃい孫ちゃんを抱いた鹿児島のラン友さんが!
もう間に合うから、ゆっくりでいいよーっと励ましてステキな笑顔に元気を貰い、AS3のすずらん公園でお蕎麦を食べてリ、スタート。

ダラダラの地味なロードの始まり。
それが抜けたらボチボチ夕方になり
また阿蘇の絶景を見せてくれました。
f0198620_17235268.jpeg
スタートしてから前半、ミルクロードからずっと遠くに見えてた根子岳が目の前にいー感じの夕陽に照らされて
放牧された牛の真横を通ってまだまだトレイルが続き
AS4の高森体育館まであと少しなんだけど
ロードが長く長く感じました。
f0198620_17271021.jpeg

日が完全に落ちようとする19時半頃、やっと高森体育館に到着!

今か今かと出先で待っててくれたのは朝からずっと移動ばかりしてた旦那とムスメ。

ここで後半のペーサーのGさんと落ち合う予定でしたが
旦那から衝撃的告白を聞かされます。


Gさん、熱中症でダメて。



は?どういうこと??




当初の予定はワタシがスタートをしたのを見送ったらGさんは萌の里に移動し、逆走して高森体育館で合流予定でした。
もちろん、その後のワタシのペーサーでまた萌の里へ一緒に走っても何の問題もない、と誰もが確信してました。
しかし、本日ぴーかん天気の太陽にカラダを奪われてすれ違うハーフのランナーを見送りながらやっとの事で高森体育館へ着いた時にはヘロヘロだったみたい(ToT)

感動的な再会を想像してたばかりに呆気にとられ(^^;


でも幸いにワタシは高森体育館へ着いた時には体力も胃もすこぶる元気。

後半の夜間走に向けて着替えたりカップ麺食べたり、装備の入れ替えをやってたらあっという間に30分経過。


一人での夜間走にはなってしまうけど
何度もここからは試走をしてたので不安はなし!


ボラのラン友さん、身支度を手伝ってくれた旦那とムスメ、不安そうに申し訳なさそうに見送るGペーサーから見送られ、後半戦走ります!







[PR]
# by usireko | 2018-05-19 08:22 | トレラン | Comments(2)

Aso Round Trail ①

多良の森からネタが溜まっていますがまずはこちらから。



去年ボラをしてどうしても走りたかったAso Round Trail(ART)。
ボラを終えて応援に向かってる時の大観峰の牧野を走ってるランナーを見たとき
ワタシはやっぱりあっち側にいたい!っと思ったレースでした。

金曜日、受付をするためにはな阿蘇美へ。
まだまだ人もガラガラだったのでスムーズに受付終了!
今年は多くのラン友さん達がボラにいます。

f0198620_07393689.jpg
Sさんの声が早速会場に響いております。
そして今回、フルを走るにあたって後半からGぺーサーと一緒に走ります。
今日は受付のボラをして明日の夕方から合流。
心強いぺーサーなんで完走する気100%です!

さて、会場はいろんなブースがたくさんあって、その中にファイントラックのもありました。
そこにいる一人の男性、見た事る人…プロのトレイルランナー山田琢也さん!
気さくに話してくれてとても感じのいい人でした。
優勝候補ですか?の問いにまだ長野は雪があるので全然練習してないとのこと。
それでも十分に雪焼けした顔としまったカラダからは上位に立つニオイがプンプンしてきます(笑)
記念に写真撮影してきました。

f0198620_07530128.jpeg

受付を終えて自宅に戻り、荷物の仕分け。

これが結構な時間がかかって9時には寝ようと思ってたのに10時すぎ。
緊張してろくに寝れませんでしたが3時半に起きてバタバタ準備して出発!!

さぁ、今日がいよいよ始まるんだ!!!!!!!




スタート会場は大阿蘇環境未来館。去年のボラの駐車場。
f0198620_08064280.jpeg
早速賑やかな会場になってみんなの熱気がムンムン。
鹿児島からのハーフに出場するラン友さんも応援に駆けつけてくれたりで
緊張さえも吹っ飛ばしてくれました。
f0198620_08061473.jpeg
名物阿蘇市長のいつのもアカペラ(何を歌ってたのかは不明)と
くまモンの登場で県外からのランナーにはとても人気でした。


さていよいよ号砲は7時!!
今日一日が素晴らしい一日でありますように!!!!


送ってくれた旦那とムスメにもハイタッチしていってきまーす!
f0198620_08070509.jpeg

[PR]
# by usireko | 2018-05-19 07:37 | トレラン | Comments(2)

多良の森トレイルランニング

ARTに向けてエントリーした多良の森トレイルランニング。
名古屋ウィメンズが終わってからは毎週山トレに励み
準備万端、のレースでした、が。



日曜の夜中2時に出発し、有明湾岸線で大村市入り。
会場に着いたらあっという間にスタート時間になって
ただ、ただ今日は完走することを望むばかり。

ここのコースはかなりのえぐさだとは聞いていたし
どうしても月曜は仕事に行かなくてはならないし
だから怪我とか体調不良とかの月曜休むようなことは絶対NG。

なのでそんなことを頭に据えてスタートすると
先は長いことだしと、セーブ気味の駆け出しになり
前方にはMさん!
UTMF目前のMさんについていけば、間違いはない!っとこっそり背後につき、
郡岳で仲良くハイチーズ!
f0198620_12523187.jpeg
そこからはやっぱりついていけず、自分のペースで行きます。

昨日からの寒波で山は雪化粧。
残雪もどんどん深くなってく。

汗もかくけど、風も冷たくて
スリッピーなトレイルにただただへっぴり腰な自分でした。

やっとのことで金泉寺のAS1に到着。
40分ぐらいしか余裕はなく、おにぎり詰め込んだらリ、スタート。(カステラ食べたかった(悲))
f0198620_12561745.jpeg
次のAS2までの関門は14時半。
前後する人が14時だからという言葉を鵜呑みにして
ギリギリだとバタバタして到着してみたら
まだ30分の余裕があったので、おにぎりや果物、スペシャルドリンク作ってちょっと長居してリ、スタート。
f0198620_15095350.jpeg

しばらくロードを走り
スタッフの方がこっからが激坂です!っと誰もが言うので、また鎖場みたいなのがあるんかと心折れ気味。
激坂ロードの民家を抜け再びトレイルに入るとアップ続きに体力はヘロヘロ。
腹痛、ムカムカで体調が優れず、前半で抜いたランナーを次から次へとまたごぼう抜きされ、さっきまでの元気のなさにサプリや薬をあげましょうか?なんて心配までされる様子でした。
f0198620_07372611.jpeg
ふと前をみたらついさっきまで勢いに乗った若いにいちゃんが真っ青な顔をして降りてきてたのでリタイヤするの?っと聞いたらそうらしく、ノースリーブから見せた腕はメッチャ鳥肌立てていたので、上着も何も持っていなかったからワタシのエマージェンシーブランケットをあげました。



それからも後半戦はまだまだ先は長く
ちょっとずつ回復してはいきましたが
体力的にも制限時間的にも危うい感じ。


残り5キロぐらいになった時
もう下り基調かと思いつつ
やっぱりしんどいアップにもなるので
追い越していかれたランナーの方も
また座り込んで
「エネルギー切れです」っとジェルを飲んでました。


制限時間の10時間半までのゴールがホントに危うくなっても脚の動きが全くいうこと効かなくて
めいいっぱいの体力で駆け下りると
さっきジェルを飲んでたランナーの方が後ろから追いついてこられて
「なんとか間に合いそうですね!」っと元気になってたので道を譲りましたが、やはり付いていく体力がない。


制限時間2分前でもまたトレイル。

まだ林道でてそっからロードもあったよなぁ。
今現在の距離と制限時間をどう計算しても間に合わない。








それでも諦めたランナーの方達をロードで抜いて
最後まで走りました。


もうDNFとしてしか記録には残らないので
走ろうが歩こうが変わりはなかったことだけど、
ショートに出た旦那と
同行して朝から待ちくたびれてるムスメを随分と待たせてるので走らない訳にはいきませぬ。


やっと広場に着いたら今か今かと旦那とムスメがコース上で待ってました。
ムスメの「おそーーー!もう寒いんだからね!」と言われ悔し涙を流し、15分遅くゴール。
f0198620_15322067.jpeg
もうぐちゃぐちゃに泣きました。



そんなワタシの後にさっき間に合いそうですね、っと言って追い越してってランナーがゴール。
どうやら最後にロストしたらしく、頬にはなんだか小枝みたいのが刺さってました。こけたのかな?




人生初のDNF。

撤収中のゴールとはなんと寂しく悔しいことなんでしょう。



それでもゴールをくぐった先にスカイトレイルのSOさんとゲストランナーの福島舞さん、カメラマンの方々からお疲れ様と言葉をもらった時はほんとに涙が止まりませんでした。


鹿児島ラン友さんも待っててもらってたみたいで
ただ自分に悔しさだけが残しました。



エイドで長居しなかったらギリギリゴールしてたかもなぁ。



余りにも旦那とムスメを待たせてたので、そそくさと会場を出て帰りました。

着替える体力もなく、そのまま車に乗り込んで高速に乗ったら、体調がまた悪化して、そのままSAのトイレに急行。


凄い悪寒に立っていられなくなり、車に乗り込んで寝込みます。

やっと家の近くになり、近所のヒライでラーメン食べて復活。

なんとも後味悪い1日でした。


今日のDNFのレースをバネにしてぜったいARTは完走してやるぞ!





[PR]
# by usireko | 2018-04-12 22:02 | トレラン | Comments(6)